スタッフインタビューINTERVIEW

水野 紫帆さん

フィットネスジムスタッフ

  • アルバイト

エニタイムフィットネス 門真島頭店 勤務
水野 紫帆さん

入社してまだ日が浅いが、友人に職場を勧めるほど仕事に夢中。接客ではお客様の背中を押すような振る舞いを心がけており、明るい笑顔とていねいな対応は社内外から評価されている。今後の目標は、お客様もスタッフも気持ちよく過ごせる店舗をつくっていくこと。

水野 紫帆さん

自分自身が求めていた接客の形に出会うことができ、毎日がとても楽しいです。

―入社のきっかけを教えてください。
以前は、パン屋さんや雑貨屋さんで勤務していました。接客が好きだったこともあり、自ら選んだ仕事でしたが、いずれの職場もレジにおけるお金のやりとりがメイン。一人ひとりとより深く関わりコミュニケーションを取っていきたい、お客様の悩みを解決したい。そんな思いが実現できる仕事を探すなかで、エニタイムフィットネスに出会いました。

―現在の職場に決めた理由はなんですか?
エニタイムフィットネス 門真島頭店で働くうえで決め手になったのは、自宅から近かったこと、残業がなく19時には帰れること、週に2日の休みを必ず取れることに惹かれたからです。また、アルバイトにも社会保険がつくほか、店舗のマシンを無料で使えたり、有給休暇が付与されたりと、働きやすい環境が整っていたことも魅力的でした。

―担当業務について教えてください。
出社すると、まずは清掃と朝礼からスタートします。ジムは汗をかくところなので、汗染みや汗のにおいが残らないよう、ていねいな作業を心がけています。開店後は入会受付や見学案内、トレーニングメニューの作成、マシンの使い方の説明などを実施。入社からは日が浅いですが、自分が望んでいた内容の濃い接客ができており、とても楽しい毎日です。

―仕事を始めてから、意識して行うようになったことはありますか?
ご年配のお客様が多い当店は、マシンの使い方についての質問が少なくなく、自分自身でも筋力トレーニングについて勉強する機会が増えました。以前、痩せられなくて悩んでいるお客様に「有酸素運動のみを行うより、筋肉を鍛えたうえで有酸素運動を行う方が効果的ですよ」と伝えると、とても喜んでもらえました。自習をしていてよかったと感じた瞬間ですね。

水野 紫帆さん

聞きやすいし、話しやすい。そんな存在でいられるよう笑顔を大切に。

―どのような理由で入会する方が多いですか?
ご年配の方であれば運動不足を解消したいという方が多いですし、女性の方は夜中にランニングをするのは怖いのでジムで鍛えたい、痩せてきれいになりたいという方が多いです。なかには、ボディビルダーの大会を目指していらっしゃる方も。自分より知識のあるお客様には「どうやって鍛えていらっしゃるのですか」と質問し、会話のきっかけにしています。

―入会を勧める際に気をつけていることはなんですか?
見学に来ていただいた方に対しては、その方の気持ちに寄り添いながら一緒に未来を描き、「背中を押す接客」を心がけています。私自身、買い物に行った際に店員さんから必要以上に商品を勧められることがあまり好きではありません。そのため、「一緒にがんばってみましょう!」と応援しつつ、最終的な判断はお客様にお任せするようにしています。

―仕事をするうえで、心がけていることはなんですか?
仕事中はなるべく口角を上げて、親しみやすい雰囲気づくりに努めています。これまでの仕事柄、お客様の名前と顔を覚えることは得意なので、一度でも来店された方には積極的に声かけをしています。よく行くお店でも「いつもありがとうございます」と言ってもらえたらうれしいですよね。自分がされてうれしいことを、お客様にもしていきたいです。

―お客様との関わりで印象的なエピソードはありますか?
いっぱいありますね。入会案内のときに「すごく説明が上手だね」と褒めていただいたり、見学案内を担当したお客様から「近隣のジムも見学したけれど、店員さんの対応がすごくよかったので、ここに決めました」という言葉をいただいたり。「水野さんがいる時間帯に来るからね」と言ってくださるお客様もいらっしゃり、日々がとても充実しています。