スタッフインタビューINTERVIEW

谷口 真理さん

青果スタッフ

  • パート

Foods Market satake ビエラ千里丘店 青果部 勤務
谷口 真理さん

事務職から転職し、青果の包装・品出しなどに従事。ご近所さんの来店も多い勤務先で、接客のおもしろさを実感している。プライベートでは2児の母。野菜や果物の商品知識が広がったことに加え、お客様からの声も活かす形で、家庭の食卓を充実させている。

谷口 真理さん

以前から慣れ親しんでいたsatakeが仕事場に。主婦経験が仕事にも活きています。

―入社のきっかけを教えてください。
主婦業をしっかりとこなしながら勤務できる職場を探していたところ、自宅から無理なく通える当店が、オープニングスタッフを募集していることを知りました。サービス業での勤務経験がなかっただけに不安もありましたが、satakeは以前から頻繁に利用していた、親近感のあるスーパー。思い切って応募し、青果部のパートとして採用が決まりました。

―入社間もなくは、どのような仕事から覚えましたか?
野菜や果物の袋詰めや品出しなど、主な業務を順に身につけていきました。なかでも苦戦したのが、キャベツなどのラップがけ。専用の機械を用いた作業なので、慣れるまでは少し時間がかかりました。しかし、社員の方がじっくりと練習に付き添ってくれたおかげで、徐々にスピードアップ。周囲にも初心者が多く、一緒になってがんばれたことも大きかったです。

―職場のセールスポイントを教えてください。
スタッフが互いに助けあう関係ができているのは、青果部の強みだと思います。品出しでフロアに出るときは、品薄になっている商品がないかを各自がチェック。売れゆきのよい商品があればすぐ社員に連携し、欠品を防ぐ体制を取っています。段ボールに入ったままの商品など、重いものは男性社員が率先して運んでくれるので、体力面の心配もいりません。

―仕事のやりがいを教えてください。
商品の準備や品出しといった主要業務以外にも、価格や分量など売り方について、社員からアドバイスを求められる場面があります。「これくらいの量が使いやすい」「この値段なら買わないかも」といった、いち主婦からの率直な意見は、商品づくりに反映されることが少なくありません。私たちの声が吸い上げられるたび、やりがいを感じています。

谷口 真理さん

気持ちよく買い物ができるお店は、スタッフにとっても気持ちのよい環境です。

―仕事をするうえで、心がけていることはなんですか?
スーパーで買い物をする側の視点を持つようにしています。私自身としても、商品の陳列やラッピングがきれいなだけで、気持ちがよいもの。思わず手に取ろうという気にさせられます。だからこそ、商品を扱う際はできるだけていねいに、傷をつけない意識を持つことが重要。一つひとつの野菜や果物はお客様のものという思いで業務にあたっています。

―職場の雰囲気はいかがですか?
パートで働くのは、30代から60代にかけての主婦が中心。とはいえ、小さいお子さんがいる方から育児がひと段落した方まで、境遇はまちまちです。休憩時間には、仕事以外の面での情報交換も活発。子どもの受験や料理など、家庭で役立つ知識を教えあっています。気軽なコミュニケーションが交わせる人間関係のおかげで、仕事にもゆとりが生まれています。

―どのような点に会社の働きやすさを感じますか?
パートという働き方を選ぶのは、家庭を大切にしたいという気持ちがあってこそのこと。その点に理解のある社風は、主婦である私には本当にありがたいことです。学校行事や子どもの急病などのために休暇を取れるのはもちろん、急な欠勤者の穴をカバーできるだけの社員数が確保されていることも、長く勤務を続けるうえでの安心材料です。

―応募を検討されている方に、メッセージをお願いします。
以前から買い物に訪れていたsatakeが職場になったことで、これまで以上にお店のことが好きになりました。商品や衛生状態の管理はきちんとしていますし、何よりお客様に買い物を楽しんでいただこうという意志が、どのスタッフから伝わってきます。その姿は私にとっても大きな刺激。これからもチームワークを大切に、前向きに仕事を楽しんでいきたいです。