スタッフインタビューINTERVIEW

杣川 志津子さん

レジスタッフ

  • パート

Foods Market satake ビエラ千里丘店 レジ部 勤務
杣川 志津子さん

子ども服のリサイクル店での勤務を経て、店舗オープンと同時にビエラ千里丘店へ。レジ部に配属されると、すでにレジ経験のあった同期に混じって、着実に新しい仕事を身につけていった。お客様と交わす何気ない会話の一つひとつが、日々の活力になっている。

杣川 志津子さん

未経験からのチャレンジを支えてくれたのは、「新しいこと、やりましょうよ」の声でした。

―入社のきっかけを教えてください。
自宅近くに新しいスーパーができることを友人づてに聞き、スタッフ募集に応募しました。さまざまな部門があるなかで、採用後に配属されたのはレジ部。以前にも接客の経験はあったものの、レジ操作は初めてのことでした。当然、不安に感じる部分はありましたが、人事の方の「新しいこと、やりましょうよ」という言葉が、背中を押してくれました。

―レジの経験がなくても大丈夫ですか?
レジ操作で困ったこと、わからないことがあった場合も、主任をはじめ社員がすぐに駆けつけてくれるので、私のように未経験から仕事を始める場合も安心だと思います。また、業務を進めるうえで大切なことは、何度でも確認できる雰囲気があるのも心強かったです。レジ部に限ったことではないのですが、新人さんを和やかに迎え入れる雰囲気がありますね。

―担当業務について教えてください。
レジ打ち以外にも買い物かごの整理、店頭で集めたペットボトルの回収、清掃といった業務が発生します。フロアの汚れなど、接客中に気づいたことがあれば、一人ひとりが率先して対応するのが基本です。ときには品出しの補助など、他部門と連携して動くことも。レジにつきっきりではないぶん、お店全体のチームワークを感じながら働くことができます。

―入社後、会社へのイメージはどのように変わりましたか?
satakeのことは以前から知っていましたが、スタッフの一員として働き始めたことで、改めてお客様へのまっすぐな姿勢を感じるようになりました。新人研修の内容はレジの扱いばかりではなく、接客で留意すべきポイントまでが具体的に押さえられたもの。心地よく買い物ができる環境の裏側では、さまざまな心づかいが実践されていることを知りました。

杣川 志津子さん

あらゆるサービスに気配りを込めて、地域から愛されるスーパーを目指したい。

―仕事をするうえで、心がけていることはなんですか?
レジ業務を通じてお客様を送り出す立場だけに、すがすがしい気持ちで帰っていただける接客、お声がけを意識しています。泣いている赤ちゃんを連れたお客様に代わり袋詰めをしたり、重い商品の入ったかごをカウンターまでお持ちしたりと、必要に応じて一歩踏み込んだサービスを行うのが私のポリシー。お客様からの感謝の言葉は、大きなやりがいです。

―お客様とのエピソードで印象的なものはありますか?
ある年配の常連様とは、下の名前が同じという共通点から、徐々に話が弾むようになりました。お互いに打ち解けると、その日に購入した食材を使うレシピを教えてくださるように。意外な調理法も知ることができ、料理が楽しくなりました。私の休憩中に来店された際には、夕方に再び足を運んでくださるなど、そのお客様とはいまも親しい関係を続けています。

―どのような点に会社の働きやすさを感じますか?
正社員とパートとの間に垣根がなく、のびのびと働けるところは魅力のひとつだと思います。お互いの距離感が近いのはもちろんのこと、制度面でのメリットも。たとえば毎月、店舗ごとに売上目標の達成率を競っているのですが、所属店舗が上位に入ればパートにも寸志が支給されます。接客業務へのモチベーションも、おのずと高まる職場です。

―今後の目標を教えてください。
オープンから1年あまりが経ち、お店としての一体感も高まってきたように思います。肩肘張らないざっくばらんとした雰囲気は、人と関わる仕事を楽しみたいという方にぴったりではないでしょうか。私個人としても恵まれた環境に感謝しつつ、これからも気配りあるサービスに徹することで、お店を地域に根づかせ、ファンを増やしていきたいです。