スタッフインタビューINTERVIEW

大城 正枝さん

レジスタッフ

  • パート

業務スーパー TAKENOKO 江坂店 レジ部 勤務
大城 正枝さん

江坂店のオープン時からレジ部で活躍。前職でもレジスタッフを務めており、キャリアは長い。飲食店を営むお客様とも親しく、一人ひとりの顔と店名を合わせて記憶しているほど、きめ細やかな接客に徹している。

大城 正枝さん

「日本一楽しいスーパーを目指して」という言葉に共感を覚えて。

―入社のきっかけを教えてください。
新聞の折り込み広告で、江坂店のオープニング募集を見つけました。以前はほかのスーパーでレジをしていたのですが、電車通勤よりも自宅近くで働ける方がいいなと考え、応募することに。無事に採用が決まり、勤務を始めた江坂店は建物こそ完成していましたが、店内には商品棚があるだけ。すべてがゼロからのスタートだったので、ワクワクした気分になりました。

―担当業務について教えてください。
メインはやはりレジ業務です。接客そのものが好きなので、お客様とのちょっとした会話が楽しいですね。レジが落ち着いているときは、売場で迷っているお客様にお声がけしたり、自分が食べておいしいと感じた商品を「これ、本当においしいんですよ」と、おすすめしたりしています。

―仕事をしていて、うれしかった経験はありますか
つい最近だと、転勤で大阪を離れたお客様が戻って来られて「うわぁ、いまもおられたんですね!」と喜んでくださったのがうれしかったですね。オープン当初から働いていることもあり、顔なじみのお客様がたくさんいらっしゃるのは、とても心強いです。

―仕事をするうえで、心がけていることはなんですか?
レジはお客様をお見送りする場所なので、まずは気持ちよく帰っていただきたいという思いがあります。「ありがとうございました」という言葉だけでなく、もう一言二言、会話を交わせば、多くのお客様が喜んで帰ってくださいます。その後ろ姿を見送る時間は、幸せなものです。こういった接客を徹底することで「また業務スーパーに行きたいな」と思ってくださる方を増やせればと考えています。

―この会社の魅力とは?
当社は「日本一楽しいスーパー」を目指しています。仕事なので、楽しいことばかりではありませんが、社長が掲げるその言葉が私は大好きです。2年に一度、全店舗のスタッフを集めて開かれる「ありがとう総会」では、改めてこの目標に向けた結束を固めています。簡単な言葉のようですが、重みがありますね。

「元気をもらえました」とお客様から言っていただけるのがうれしい。

―お客様からの言葉で、特に印象に残っているものを教えてください。
日本一楽しいスーパーを目指すからには、働く側が仕事を楽しむことが欠かせないと思います。ときには苦労もありますが、楽しそうに仕事をしていて、お客様から「元気をもらえました」と言っていただけるのは、とてもうれしい瞬間です。

―どのような点に会社の働きやすさを感じますか?
これまで12年間勤めてきましたが、年々、福利厚生が手厚くなっており、働きがいを感じています。賞与は年3回支給され、年末に3日間働いた人にはお年玉も出ます。

―今後の目標を教えてください。
体調には気をつけながら、口と体が元気なうちはしっかり働こうと考えています。新しく入社してくるスタッフとも一体になって、日本一楽しいスーパーをつくっていけるとうれしいですね。